観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2019.12.06

15 チップ部品の半田付け

一般には、チップ部品は手半田付けすることはありません・・。
量産品では、クリーム半田印刷機とチップマウンター、そしてりフロー炉からなる自動半田付けが 一般的です。
それでも、基板の枚数が少なくて、自動機の初期投資を行なうと採算が合わない場合や、立ち上げまでの長い時間が待てない場合には、手半田の必要性が出てきます。
ここで、うちで行なっているチップ部品の手半田付けについて手順を説明しますと・・


(このスライドは、無料PDFダウンロードコーナー //www.noseseiki.com/pdf/index.html
に表面実装リペア編VOL1 レジュメにあります)

 

 
  • チップ部品を半田付けする基板パターンの1箇所(端子が多い場合は2箇所)に微量の予備半田をする。
    (ほんとに微量です・・半田の膜を薄く形成する感じです。)
  • チップ部品をピンセットで摘まみ、正しいチップ搭載位置に運びます。この時、極性や表裏のある部品は注意します。
  • 微量の予備半田に半田コテ先を当て、予備半田を溶かしながらパターンにチップを正確に載せ、予備半田によって仮止めします。(位置修正があれば、この時点で行ないます。)
  • フラックスを微量づつ仮止めした予備半田と、その他の端子とパターンに塗布します。これは、予備半田に含まれるフラックスが極微量のため、位置決めの間にフラックスが蒸発してしまっているためと、チップ部品の電極が酸化している場合に、フラックスの力を借りないと極少量の半田では接合できないためです。
  • 予備半田してある箇所以外の端子の半田付けを行ないます。
  • 予備半田してある端子の半田付けを行ないます。
  • 顕微鏡にて出来栄えを確認します。
  • 必要があれば、フラックスをフラックス除去液で洗浄します。
 

小さいチップ部品では顕微鏡を使って半田付けしますが、これは半田が溶けていく様子を観察しながら半田付けしたいのと、半田量が肉眼では、どうしても多く付いてしまうのを防ぐためもあります・・

 

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.