観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2019.12.06

13 半田の除去

はんだ付けに失敗した時に使用します。 はんだ吸い取り専用の機器もありますが高価です・・


半田吸い取り器には、真空ポンプを内蔵しているか、コンプレッサーに接続して使うものなどありますが、いずれもピストル型で、先端に穴の開いたノズルがあり、半田を熔かして吸い取るようになっています・・。

量産品を手直ししたりするには、便利なものですが、趣味などで一般的に使っている人はいないと思います。
(趣味では、半田の手直しがそんなに発生しない・・)

 

 

通常は、銅線を編んだWICK(はんだ吸い取り線)と呼ばれる(HAKKO WICKなど)を使用します。


使用法は、銅編み線を吸い取りたい半田に載せ、上から熱容量の大きなコテで暖め、溶けた半田を銅編み線に沁み込ませるというものです。

 
 

他にはバネ仕掛けの注射器みたいな、簡易半田吸い取り機もあって、これを熱する機構がないので、半田コテで半田を溶かし、ノズルの先端をあてがいボタンを押すと、バネの力で一瞬真空状態を創ってはんだを吸い込むというものです。

半田吸い取り器は便利ですが、手入れが結構たいへんで吸い込んだ半田がよく目詰まりを起こします。
頻繁に掃除をしてやらないとすぐに使えなくなってしまいます。真空状態を造ってやるのに、Oリングなどパッキンへのグリスアップも欠かせません。

したがって、大量に手直しをしないのならば半田吸い取り線で充分だと思います。

※ただし、「十分な熱容量を持つ半田コテで手早く作業を終わらせる」ことが必要です。
特に鉛フリーハンダの場合、共晶半田の場合よりも大きな熱量が必要です。

 

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.