観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2019.12.06

08 半田仕上がり状態

good! 良いはんだ付け状態
(フィレットが形成されている)
bad!熱不足のイモはんだ
(水滴のような形状)

上記の写真は、同じものを基板へ半田付けしたものですが、違いがわかるでしょうか?

半田の項でも説明しましたが、半田付けはいかに銅とスズの合金層を作製するかが重要なのですが、強度を上げようとして、初心者がやりがちなのが、右の例です・・。

良い半田付けは、ピカッと光っており、その形状は富士山のように裾広がりになります・・。この裾広がりの形状のことをフィレットと呼び、半田付け業界では必ず出てくる言葉です。

右の写真は、一見沢山半田が付いていて丈夫そうに見えますが、中身ではリード線と半田が馴染んでおらず、合金層が完全に出来ていません。

このため、時間の経過と共に実際に電流が流れるようになると、やがて導通不良、部品落下などの不具合を引き起こします。

この写真は一般的なリードの半田付けですが、基本的にどんな部品でも、リードや端子の形状が見える形で半田付けするのが基本です。形状がわからなくなるほど半田を盛るのは、芋半田となりますので、糸半田の量を上手に調整します。

絵に描くと下の図のようになります・・。

 

いくつか、良い形状のフィレットの写真をお見せしておきましょう。

 

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.