観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2017.08.09

自動はんだ付けリフローでの不具合品 見本

00021




00011




故障した電子機器を振ってみると、カラカラ音がすることがあります。

これは、実際にマルチコネクタの変換機を開けて見つけたもの。



基板はケース内部に入っているので、

外から応力を掛けることはできません。



先日までは、使えていたのですが、

突然、動作不良を起こしました。



肉眼では異常が見つかりませんでしたが、

よく観察してみると、

1005チップ(1mm×0.5mm)が載っていた痕跡だけが残っていました。



通常に使用していただけで、チップが取れてしまったようです。



ペーストはんだの粒粒感が残っていますので、

熱不足、あるいはフラックスがはんだが馴染むまでに死んでしまって

はんだが完全に融けなかったものと推定されます。



特に上の写真は、右側のランド側では、まったくはんだが馴染んでいなかったことを示しています。



小さすぎて一般の方は、ほとんど気づくことはありませんが、

(顕微鏡で30倍に拡大)

こういうことが、実際の電気製品で起こっているという例です。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.