観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2017.08.08

鉄リベットへの、鉛フリーはんだの充填

002




これは、何に使うものかと言うと、デニムに使うリベットです。

(現在の量産品では、ステンレスや真鍮が使用されている)



小中 儀明君率いる FORTY NINERS というファクトリーでは、

80~100年前のミシンを復活させ、当時と同じデニム生地

(織り機は世界にも数台しかないそうな)、

糸(当時の糸は太さが不ぞろいで切れやすい)、

縫製方法で、

現在、ビンテージと呼ばれるデニムを現代に蘇らせました。

https://www.facebook.com/konaka.yoshiaki



※ビンテージのデニムは、1着 何百万もするものがあります。

 当時のミシンを使えば理論的には出来るであろうと、

 誰もが考えていたそうですが、実行できたのは彼だけ。

 (1本のジーンズに造るのに約20台の専用ミシンを使うそうですが、

 すべてのミシンを使いこなせるのは、世界でも彼しか居ない)



リベット打ち機も、ご当時モノですが、特注して作らせた鉄リベットの

板厚が、当時よりも薄いため、そのまま使うと裏が平らになってしまうそうな。



「誰がそんなとこ見てるねん!」と突っ込みましたが、

「いや、マニアは見てる。」気づかれて「な~んや。」と言われるのが

ガマンならんとのこと。



彼は、健気に自分ではんだ付けしていたのですが、

なかなか、上手くいかないのと、縫製の時間が足りないので、

我々が協力を申し出たものです。



そのこだわり、見習いたい。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.