観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2015.01.17

ネプコン・ジャパン2015(2015.1.17)

こんにちは、はんだ付け職人です。

ネプコン・ジャパン2015行ってきました。

中でも気になるインターネプコン・ジャパンとプリント配線板EXPOを
こってり時間を掛けて廻らせていただきました。

今回、ハンダゴテメーカーさんの出展は少なかったんですが、
いくつか「これは!」と思うものがありましたので
シェアさせていただきます。

まず、最初にHAKKOさんブースで見た「FX-801」
なんと、出力300Wのハイパワーです。

IMG_2384

















最も多く使われている「FX-951」などが75Wですから、
4倍ものパワーがあることになります。

HAKKOさん、真剣にパワーを追求したモデルですね。

デモンストレーションでは、棒はんだを溶かしたり
巨大なコイルをマウントした、でっかいGNDパターンを持つ
基板のはんだを楽々溶かせることが体験できました。

IMG_2386

IMG_2387































コテ先は、それなりにでかいですが、
今まで、熱不足に悩んでいた方には、必見のハンダゴテです。

これなら、マザーボードの電解コンデンサ交換も
できるはず。(定価¥78,000 )
IMG_2391
















それから、もう一台、はんだ吸い取り機の300W高出力タイプ
「FR-400」(定価 ¥140,000)

これもかなり大型ですが、真空度を高めてから一気に吸い取ったり、
吸い取ったはんだがノズル内に詰まるのを防ぐため、
ヒーターを長くするなどの改善が加えられています。
(フィルターも大型化しています)

IMG_2388
















また、メンテナンスキットが標準装備されるなど、
ユーザーの意見がかなり反映されています。

IMG_2390
















(標準で用意される横長穴のノズル)

スルーホールのハンダ除去には、苦しんでおられる方が
多いですから、いいところを狙っていると思います。
(いい値段しますけどね・・)

「FX-801」と「FR-400」は、
私もさっそくデモ機の貸し出しを予約しました。


ちょっと、変わったところでは、
バーコードシールをハンダゴテに貼って、コテ先温度を
管理する新型のコテ先温度計なんかもありました。
(品質管理の方は、気になる機能です)

IMG_2393















IMG_2394


















次に、気になったのは、ドイツの「ersa」というメーカーの
「i-con1」というハンダゴテです。

かなり小型のハンダゴテですが、出力が150Wもあります。
また、ヒーターとコテ先が分離式なので、
コテ先のランニングコストは、安くなりそうです。
(本体約¥46,000、コテ先約¥1,200円 定価ベース)

IMG_2397

















細くて大出力というのは、矛盾する性能なのですが、
鉛フリーはんだでは、この矛盾する要求を求められることが多いので、
このハンダゴテもデモ機をお願いすることにしました。


日本GESCOさんのブースでは、[Weller」のハンダゴテを
チェック。

一番ベーシックな「WX1010G」(定価¥110,000)
ヒーター部に純銀を使って熱効率を良くしています。

IMG_2396

















また。このハンダゴテもコテ先チップだけを交換するタイプなのですが、
ヒーターがコテ先の形状にマッチするように内部にまで入る構造になっています。

熱効率の良いヒーターの熱をコテ先先端にまで届ける工夫ですね。

USBやLAN接続のない、もう少し安価なモデルがあると
良いのにな・・と感じました。


糸はんだで「おおっ!」と思ったのが、千住金属工業さんの
「LEO」という共晶の低温はんだ。

IMG_2404


今まで、低温はんだに「ヤニ入り糸はんだ」は無かったわけですが、
(脆くて加工が難しかった・・)
これ、SOPやQFPなどの表面実装部品を安全に取り外すことができる
可能性を秘めています。

当社でもサンハヤトさんの「表面実装部品取り外しキット」には
よくお世話になっているのですが、

高価な上に、極少量。
さらには、フラックスとはんだは別々、というモノですから、
(注射器でフラックスを注入)
使い勝手は、良くなかった・・。

この「LEO」融点は139℃で、ちゃんと合金層も形成されるはんだです。
(ちょっと脆いそうです。衝撃には弱い)

部品取り外しに使えないか、サンプルを多めに貰ってきました。
価格は、エコソルダなどの鉛フリーはんだと、ほぼ同等だそうですので、
使えるようなら、かなり安く使えることになります。

※組成はSn -58Bi。 鉛フリーはんだとして使用できます!

  ※訂正しました。


他には、極小部品をピンセットで摘む際にトレーに使うと良さそうな
サカセ化学工業さんの「タックシート」や、

講習の際に、教材の観察を共有したり、報告書の写真を撮るのに
キーエンスさんの「デジタルマイクロスコープ」があると良いなあ・・

と思ったのが、私の感想です。


ネプコン・ジャパン、すごい人でした。
はんだ付け業界、普段地味で目立ちませんが、
「こんなに業界人多いんや・・」とうれしくなりました。

IMG_2400


では、明るいはんだ付けを!



☆2015年2月、ポリテク関西でのはんだ付け講習会・検定開催。
 検討中の方がいらっしゃいましたら お早めにお申込ください。
//www.handa-npo.com/kentei/koudopolitec02-2.html

☆2015年4月の幕張の高度ポリテクセンターでの開催が決定しました。
 お申し込みはこちらから受け付けております。
//www.handa-npo.com/kentei/koudopolitec0.html

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.