観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2010.06.16

はんだ付けに光を!(2010.6.16)コテ先温度

こんにちは、はんだ付け職人です。



今日は久しぶりに、はんだ付け現場で実際に起こった問題を

紹介しましょう。



リーマンショック前の2年前に、講習に行ったときのお話しです。

最近、光学用の部品やLEDなど

熱に弱い部品のはんだ付けを行う機会が多くなってきました。



ご存知のとおり,LEDは耐熱温度が低く

300℃を超えると壊れてしまうものが

ポツポツ発生します。



このため、管理する側としては

コテ先温度を約295℃に抑えて

はんだ付けするように・・との指示を出されていました。



おかげで、LEDの不良発生は、ほぼ0に抑えることが

できるようになりました。



ところが、このコテ先温度条件を

そのまま、はんだ付けの全工程に横展開してしまったために



現場サイドでは、圧倒的に熱量が不足してしまう

状況に陥ってしまいました。



窒素フローや高熱容量のハンダゴテを導入してみましたが

大き目の部材やグランドパターンの上では



ハンダが思うように溶けないので

コテ先の上で直接ハンダを溶かしてから塗りつけてみたり



管理者の目を盗んでは、コテ先温度をそっと上げて

はんだ付けしたり・・と涙ぐましい努力をされていました。



それでも、はんだ付けの出来栄えはどうしても熱不足の

イモハンダ状態であり、キレイなフィレットは形成されません。



でも、長い間そういう状態が続くと

いつもの間にか、その状況、出来栄えが

良品として会社の標準になってしまいます。





こうした問題を解決するには、

第3者がズバッと「それ、間違ってますよ」

と言えると良いのですが、なかなかそうした機会はないものです。



ちなみに、この会社の場合は、

LED以外のはんだ付けを行う場合は

コテ先温度を350℃に。



LEDでもグランドパターンにはんだ付けする場合は

320℃程度までコテ先温度を上げてやってもOKとしてやれば

うそのように問題は解決しました。



皆さんの周囲でもこうした問題が起こっていないか

第3者として助言してあげることができないか

一度見回してみてください。





では、明るいはんだ付けを!

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.