観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2010.06.04

Kawasaki Z1000 のメーターパネルのLED打ち換え(LED交換)手術

Kawasaki Z1000 のメーターのLED交換(LED打ち替え)です。



『液晶パネルの取外しが困難だったので…』



と、依頼をしていただきました。まずは分解からです。外側のケースはビス留めなのでドライバーで簡単にあけられます。



①…分解前の様子です。黒いケースを外します

②…ケースが外れました。次に液晶パネルを取り外します。

③&④…液晶部分の取り外しの様子です。基板の裏面からハンダ吸い取り線を使ってスルーホール内のハンダをきれいに吸い取ります。この作業を全てのピンにしてやります。写真④はハンダ吸い取り前と吸い取り後のピンの様子です。



Kawasaki Z1000 のメーター①















































点灯チェック(交換前)をしてみました。交換前はオレンジ(赤)です。今回は全てグリーンに交換します。取り外した液晶パネルの下に6箇所、その他4箇所で計10箇所の交換です。



ハンダコテ2本を使って取り外し、新しいLEDをハンダ付けしていきます。この際コテ先温度は~300℃ぐらいを目安に行います。ハンダが馴染みにくい場合はフラックスを塗布し、プリヒーターなどで基板を温め不足した熱容量を補ってやります。専門的な機具がない場合は家庭用ドライヤーなどでも代用できます。



点灯チェックの様子(交換後)です。きれいなグリーンに変身しました。



Kawasaki Z1000 のメーター②

























はんだ付けでお役に立てるなら

お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。



こちらからご相談くださいませ!


ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.