観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2009.06.08

はんだ付けに光を!(2009.6.3)

こんにちは、はんだ付け職人です。



今週は、お客様からいただいた質問メールを基にお話したい

と思います。

フィレット













ご質問の内容は



※一般的に、よいはんだ付けの目安は、富士山形状で表面が

光っていると言われますが、御社のホームページにある

「良品見本?」のイモはんだとの違いがよく分かりません。

(この良品見本は外見上光っているのでいいように見えま

すが、、、)

良いはんだとイモはんだの違いをどこで見極めるか教えてください。





というものでした。



そうですね。特に熱不足によるイモハンダの場合、正常に

フィレットが形成されているハンダ付けよりもピカッと

光っていたりしますから、見極めがとても難しいと思います。



「どのように回答しようか?・・」と考えた挙句、ちょっと今までと

違った方向から、説明することにしました。



「良品のフィレット」というと

・富士山のように・・とか

・ハンダ付け部の立ち上がりの角度が・・



などと表現されることが多いですね。



もう少し、直感的に表現してみますと、



よくハンダの濡れ(ヌレ)が良い、悪いなどと表現しますが

まさしく、水をイメージしてください。



ハンダが溶けた状態で、熱不足の馴染んでいない状態というのは

水が葉っぱの上で丸く水滴になっている状態と同じです。

熱不足イモハンダ















このまま、固まると水滴のようにピカッと光りますし、水滴の

ように丸く外側に膨らんだ形になります。



対して、フィレットが形成されている状態というのは

水を弾かない素材の上に、水をたらした状態・・

(紙や布をイメージしてください)



まさに染み込む瞬間を捉えると、母材とできるだけ広い範囲で

接触しようとしますから、裾は広がりますし、外側に対しては

凹んだような形となるわけです。



ある意味、ハンダが馴染むという事は、母材にわずかですが

ハンダが浸透しているわけですから(3~9ミクロン)



液体となったハンダが水と同じような形状になるのも

納得できます。



どうでしょう? 返ってわかりにくかったかな?



言葉の表現は奥が深いですねぇ・・。





では、明るいはんだ付けを!





ps: 先週、クリーニングワイヤーのお話をした際、

  「ワイヤーが徐々に千切れてしまうため、ワイヤーの屑が周囲に

 飛び散ることがあるので注意が必要です。」と書いたのですが



あるお客様より、ワイヤー屑が引き起こしたショートの不具合例を

メールにていただきましたので紹介させていただきます。





ワイヤー屑は、コテ先に表面張力や、磁性を帯びたりして付着して

くるため注意が必要です。



皆さん、気をつけましょう

ワイヤ屑

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.