観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2019.10.30

IBM T30メモリスロットのハンダ割れ修復手術

5.21 ①
※こちらの記事は2009年5月21日に公開した記事をリニューアルしたものです












IBM T30メモリスロットのハンダ割れです。

「コンピューターの急に動きが遅くなり、
IBM T30 のメモリーを1Gに増設しましたが、
片方のスロットを認識しません。」


とのことでしたので早速チェックしてみました。
ピンセットでピンを1本ずつつまんでいくとハンダ割れをおこして 
グラグラしている箇所がいくつか発見できました。

全てのピンのハンダ量が極めて少なく 
認識している方のスロットでもハンダ割れがおきそうだったので 
スロットのピン全てにハンダを足してやる事にしました。

写真を見比べると分かるのですが(大きさ、明るさが違って見にくいですね…)
ハンダ前のピンには光沢がなく、ハンダ量がとても少ないのが分かると思います。

普通に毎日さわるところではないのですぐに壊れるというようなことはないのですが
増設メモリの抜き差しでハンダにヒビが入り、メモリを認識しなくなってしまいます。

「片側しか認識しない」「後からスロット部分を押さえると起動する」

といった症状がよく聞かれるものなので「?」と思ったら一度点検してみるといいですね。 
顕微鏡がなくてもピンセットでピンを1本づつさわってみるとわかりますよ


はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.