観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2009.03.13

はんだ付け講座(2009.03.11)

659f1ca4.jpgこんにちは、はんだ付け職人です。



先週に引き続き「ハンダゴテの選び方」についてのお話です。



語弊を恐れず言いますと、「温度調節機能つきのハンダゴテ」を

選ぶようにしてください。そして、コテ先温度が350℃近くに調整

できたほうが良いです。



最近では、電子部品の小型化が進み、基板の集積度も増しています。

さらに基板は集積度を増すために、片面基板から、両面、多層へと

変化しています。



 ※多層基板=パターン回路(銅箔)をサンドイッチのように重ね、

       スルーホールと呼ばれる穴の内壁の銅箔によって

       各層の回路を接続して回路を形成している。



このため、基板はその内部にも回路となる銅箔を含んでいるため、

ハンダ付けの際には、大きな熱容量が必要となってきています。



逆に電子部品は、小型化して密集しているために、大きなコテ先では

ハンダ付けできなくなってきています。



大きな熱容量が必要なのに、大きなハンダゴテ(コテ先)が使えない

という矛盾した条件が、ハンダ付けに求められるようになってきてい

ます。



従来の温度調節機能の付いていない「温度飽和型」と呼ばれるハンダ

ゴテは、発熱量が大気中へ逃げる放熱量とつりあう450℃~520℃程度まで

コテ先温度を上げています。



このコテ先を、母材と糸ハンダに触れることにより(母材と糸ハンダへの

放熱とハンダの溶解熱)一時的にコテ先温度を下げて、ハンダ付けに最適な

250℃という条件を数秒間作り出してきました。



このためには、母材とコテ先の接触している面積を大きくしてやって、

母材への放熱量を確保してやることや、コテ先を当てている時間を

ベテランの勘によりコントロールすることが必要です。



ところが、最近の基板と電子部品は前述のように変化してきており

電子部品と基板の熱容量の差が極端に大きくなっています。



多層基板ではスルーホールを介してしかコテ先の熱が伝わらないために

裏面のパターンの温度を250℃まで上げるためには、かなりの時間が掛かる

ようになってきています。



まして、部品が小さくてコテ先との接触面積が小さくなってますから

なおさら、条件は悪くなっています。



こうなると、「温度飽和型」のコテ先温度が450℃~520℃もあるハンダ

ゴテを使うとどうなるかというと、ハンダ付けに最適な温度条件を

作り出す前に、こて先温度が飽和温度に近い温度まで戻ってしまいます。



電子部品の耐熱温度は300℃程度のものが多いですから、まず電子部品が

危うくなります。また基板もこれほどの高熱になると損傷しやすくなります。



さらに、コテ先には酸化膜が覆いますから、さらに熱が伝わらなくなり

「おかしいな?」と感じた作業者はコテ先をゴネゴネ・・と動かします。



こうして、ハンダ付け対象物を破壊するリスクが高くなります。



また、それを避けるために、早い時間でハンダ付けを修了させようとすると

ハンダ量が多くなり、熱不足のいわゆるイモハンダと呼ばれる不良が

発生しやすくなります。



これらのことを総合して考えると、特に初心者の方は「温度調節機能つき

のハンダゴテ」を選ぶようにしたほうが良いですね。



初心者=安物 という公式はスポーツでも当てはまりません。ゴルフでも

スキーでも、昔の道具は難しかったですが、今の最新の道具を使えば

最初からそこそこ楽しむことができます。



・・というわけでこの話長くなりそうです。

しばらく連載させていただきます。すみません。





では、明るいハンダ付けを!

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.