観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2019.10.30

メモリスロットのハンダ割れ 修正公開手術

※こちらの記事は2009年1月7日に公開した記事をリニューアルしたものです

 

 

ノートパソコンの基板(マザーボード)は、

手ハンダではなく基板にクリーム状のハンダを印刷した上に、
チップマウンターという自動機によってマシンガンのようなスピードで並べられた後、
リフロー炉という電気炉の中を約250℃の温度で熱することにより、
ハンダを溶融接合して大量生産されています。

ところが、電子部品の大きさはまちまちですから、
部品によっては熱容量が不足してハンダが完全に溶融しない半溶融状態で
ハンダ付けされている箇所が発生することがあります。
(メモリスロットは比較的大きい部品ですのでよく発生しています。)

部品に力が加わらない間は、電気的な導通をなんとか保っていますが
増設メモリのように出荷後に人の手によって直接力が加わるような箇所のハンダは、
応力が掛かることによって割れたりヒビが入ったりすることがあります。

こうした場合、ノートパソコンは起動が不安定になったり
フリーズしたり、充電が正常にできないなどの不具合を発生します。

ところが、こうした不具合はたいてい
「パソコンのスピードが遅くなったな?」
と感じる1年以上後にメモリを増設することにより発生するため
無償サポートの期間を過ぎることが多くなってしまいます。

おまけに、こうしたハンダ割れは肉眼では見えないため
修理に出しても原因不明で〝マザーボード交換〟という
高い修理になることがほとんどです。

メモリスロットのピンのピッチは0.3mm~0.7mmとたいへん細かく
顕微鏡を観ながらの超微細ハンダ付けが必要になります。


↓ ↓ こちらに手術の様子を公開していますのでご覧ください。 ↓ ↓


Dr.はんだ付け職人にお任せください。



はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.