観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2019.10.01

チップLED交換(LED打ち替え)  手順その②

84912364.jpg

※こちらの記事は2008年12月5日に公開した記事をリニューアルしたものです

 

---------------

それでは 後編の始まりです。(前編はこちら)


LEDをはずした後
余分なハンダをハンダ吸い取り線(WICK)を使って吸い取ります。
そしてパターンの片側に予備ハンダがある状態にします。
フラックスを塗布しておくと作業がスムーズに出来ますよ。

 

 

いよいよLEDを実装します

ハンダコテのコテ先温度を300~320℃を目安に調節してください。
LEDは非常に熱に弱いものです。
あまり長い時間コテを当て過ぎると熱破壊が起こってしまい、
LEDが点灯しなくなってしまいます…。

後は通常のはんだ付けと同様です。
    
  ★予備ハンダをしてある方にチップLEDを仮ハンダ(固定)する
  ★反対側もハンダ付けし、仮ハンダした方もフラックスを
   塗布してハンダをきれいに馴染ませる

以上でチップLEDの半田付けはきれいに出来ました。
付着したフラックスを洗浄液で除去した後、基板をいろいろな方向から見て
チップLEDに浮きがないか、向きはあっているかをしっかり確認して下さい。

最後に点灯チェックをして完成です。

ピカッと光ってくれると気持ちがいいですね✨


はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.