観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2019.10.29

Dell Pc INSPIRON 5100 メモリスロット修理

e493b51b.jpg

※こちらの記事は2008年6月12日に公開した記事をリニューアルしたものです

 

 

症状:メモリスロット1に挿しているメモリのみ認識しない。
   メモリは正常で256Mを2枚挿しているが、1枚しか読み込んでいない。

 


顕微鏡で覗いてみたら
メモリスロットの両サイドにハンダ割れを確認できました。
早速修理してみます。
マスキングをしっかり(最低でも3~4重)にしてからの作業です。
手元を極端に拡大しているのでコテ先が本体部分に当たらないよう注意します。

 



本体ごとですからもちろんハンダは熱を奪われてしまい溶けません。

 

 

足りない熱容量はコテ先の温度ばかりを上げないで家庭用ドライヤーの風、コテ先の交換
(もちろん先の細いものが使いやすいのですが、少し径をあげてやるとグンと変わります。)
などで工夫して補います。
コテ先の温度ばかりを上げても酸化が早まりますし、作業はしやすくなるとは言えません。
(PC自体は家庭用ドライヤーぐらいの温度では破損したりしないので大丈夫ですよ。)

糸ハンダは線径の細いものを選んでやると作業がしやすいです。

写真のハンダ割れ部分と修理後の写真、比べてみるとハンダ量が少ないのがわかると思います。
全体的にハンダを足してやり、フラックスをしっかり掃除して起動してみました。
512M、両サイド認識していましたので完了です。


はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.