観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2008.05.13

TOSHIBA Dynabook Satellite4600SA80P/4 メモリスロットのハンダ割れ修理

ed48bbab.jpg症状はPCをひっくり返してメモリを押さえつけると起動…(ファミコンみたいになってしまっていますね…)メモリの認識が片側のみということでしたので顕微鏡で調べてみました。ピンセットで持つとぐらぐらの足が数本あった上にかろうじてついている他の足部分もハンダ量が極端に少なくいつ割れてもおかしくない状況でしたので全体にハンダ量を足してやることにしました。今回も本体ごと修理になりますので前回と同じ方法です。





全体にハンダを足す、つまり内側の間隔が狭い部分もコテを入れていかなくてはいけないのでマスキングをさらにしっかり巻いておきます。拡大鏡や顕微鏡の作業はコテ先だけ見てしまって全体を見ずにまわりの部品を溶かしてしまうことがよくあるので注意しましょう。特にメモリスロットはプラスティックなので一瞬あったっただけでも溶けてしまいます。ドライヤーで暖めながら糸ハンダを供給し、コテをあてていくというのは結構難しいので無理をせずに2回に作業をわけると失敗する確率は減ります。最初にドライヤーなしでハンダを少しずつ足していき足し終わってからフラックスを多めに塗布し、ドライヤーをあてながらツノになったハンダを馴染ませていきます。最後にフラックスは必ずきれいに掃除しましょう。残っていると故障の原因になります。作業終了後 動作チェックしてみましたが無事につきました。





はんだ付けでお役に立てるなら

お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。



こちらからご相談くださいませ!


ご連絡お待ちしております。


最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.