観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2019.10.29

SONY VAIO PCG-FR55E/B メモリスロット修理

1a2d3423.jpg

※こちらの記事は2008年3月6日に公開した記事をリニューアルしたものです

 

今度はマザーボードの状態だったので

下から温風をあてるホットエアーを使って
基板全体を温めてハンダがしっかりなじむようにします。
(温度は170℃前後です)


写真(上)のピンクの矢印部分、メモリスロットのセンター部分に
写真ではわかりにくいのですがハンダコテが十分入るぐらいのゆとりがあります。
これで比較的楽に作業できることが約束されました…  
(このスペースがコテ一本がやっと入るぐらいの狭さのものだと途方に暮れます…)


スロット部分はハンダコテがあたると簡単に溶けてしまう素材なので
マスキングは最低3重ぐらいにはしておきたいですね。
こうして写真(中)のようになります。

 

 

 

基板を下から温めて、上から顕微鏡で覗きながら作業をする…  

ハンダコテの行方には十分注意していないとうっかりどこかにあたってしまいます。
顕微鏡を覗きながらの作業は慣れていても遠近感がつかめなくて難しいです。


before:わかりにくいかもしれませんがハンダが割れてしまい足が浮いてしまっています。
after:ハンダ量はそんなに少なくなかったのでフラックスを塗布してコテで軽くさわっていきました。
  ピンセットで確認しましたがきれいについています。


はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.