観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2019.09.26

はんだ付けに光を! スルーホールの問題点(2019.9.9)

こんにちは、はんだ付け職人です。

今日は、本を読んでいて気になる内容を見つけたのでシェアします。
本は「電子部品の故障原因とその対策」日刊工業新聞社 吉田弘之(著)。
https://amzn.to/2PN7pWK

電子部品の故障原因とその対策

2001年に初版が発行されて、既に14刷になるロングセラーです。
電子機器が故障した時に、その故障原因を特定するために役立つ本です。

さて、弊社では、はんだ付け技術を使って古い電子機器の修理なども行っています。
その中で、故障した電子部品を交換して、他に何も異常が見つからないのに
どうしても故障が治らないものがちょくちょくあります。

今回、この本を読んでいて「あ~!これだったのかもしれないな・・」と
気づかされました。

はんだ付けの奥深さ

********ここからは本の内容を引用させていただいてます**********

基板のスルーホールは、基板に垂直に孔をあけて孔の内壁を銅メッキしていますが、
孔の縁では直角となっているため機械的なストレスが掛かることと、圧延した銅箔と
メッキ銅が接続される箇所であり、これらの銅は性質が異なるために孔の縁に
割れ目が入って断線することがあります。このコーナークラックは印刷配線板にとって
厄介な課題であり、根本的な解決法は見出されていません。

************ここまで******************************************

p114に、このコーナークラックの写真がありますので
引用して紹介させていただきます。

スルーホールクラック

吉田先生は、はんだを部品面側まで上げて部品面側のランド表面と
スルーホールと基板表面のエッジを被覆することでコーナークラックの
危険性は大きく低下する・・ と書かれています。

スルーホールのはんだ上がりを部品面まで求めるのは、接合強度を得るためだと
思っていましたが、理由はココにもあったのだと気づかされました。

近年、IPC規格,JIS規格で、スルーホールのはんだ上がりが
100%充填から→75%→50%と緩和されてきたのは、
基板の製造方法が変わって、コーナークラックの危険性が減少したのでしょうか?
(ご存知の方がいらっしゃったら教えてください)

この点、改善されていないのだとすれば、高性能エレクトロニクス電子機器
(人命に関わるような機器)の場合は、部品面まで、きっちりはんだを上げる必要が
ありそうです。

また、古い機器を修理する場合は、スルーホールは全て再はんだ付けする必要がありそうです。

もう一つ思い出したことが・・
昔、部品を実装していないスルーホールもはんだで埋めるように
指示されたことがありました。

その時は、「腐食を防ぐためか?」と考えていましたが、
おそらく、このコーナークラックを防ぐためだったのだと思い当たりました。

まだまだ勉強不足です。
知ってるようで、あまり知られていない豆知識でした。

お役に立てば幸いです。
では、明るいはんだ付けを!

2019年12月19日(木) ,20日(金)
東京都立城南職業能力開発センター(東京)での講習・検定の募集中です。
(残席わずかです)
https://bit.ly/30z1V2J

2020年1月23日(木) ,24日(金)
東京都立城南職業能力開発センター(東京)での講習・検定の募集始めました。
https://bit.ly/2ZoyClX

2020年2月6日(木) ,7日(金)
ポリテクセンター関西(大阪)での講習・検定の募集始めました。
https://bit.ly/2Hphjar

※AmazonPayご利用いただけるようになりました。

2019年9月26日記事リニューアル

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

よくある質問検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.