観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2013.05.13

はんだ付けに光を!(2013.5.13)

こんにちは、はんだ付け職人です。



先日、お客様からうれしいお電話をいただきましたので

紹介させていただきます。



Iさんは、鉄道模型に中学生の頃からのめりこみ、

61歳の現在まで、ドイツ製のメルクリンの模型を

40台も所有されているそうです。



「お宅、メルクリンって知っとる?」

と聞かれて「ええっ?・・はい、知って・・おります。」



とうろたえてしまいましたが、鉄っちゃんではない

私でも名前は知っている有名なメーカーですね。



実は、4月に

「お宅のハンダゴテセット、鉄道模型にも使えるん?」

とお問い合わせをいただき、



「はい、もちろんです。ものすごく使いやすいはずです。」

と自信を持ってお勧めしました。

今年のゴールデンウイークに、お使いになるとのことでした。





そして、ゴールデンウイークが明けた先日、

お電話をいただいたのですが、



「いやあ~もう、びっくりしたよ!」

「ハンダゴテで、こんなに違うなんて考えてもみなかったよ!」

「全然、仕上がりが違うし、いつもなら1週間掛かる作業が

5時間で終わっちゃったよ!」



と喜んでいただけました。





さて、その後

「細かい線をはんだ付けするのに、T18-C1とか、0.5C

のコテ先も欲しいんだけど・・」



とのご相談でしたが、こちらは

「おやめになったほうが良いです。」とお話しました。



これも、多くの方が誤解されていますが、

細かい部品には、細かいコテ先を選ぶべきだと考えられがちです。



母材が、細かいもの同士であれば、問題ないのですが、

細かい部品と基板、あるいは細かい部品と金属板(この場合は、

鉄道模型本体です)をはんだ付けする場合は、



細かい部品ではなく、基板や金属板に奪われる熱が大きいため、

細かいコテ先では熱容量が足りず、

はんだを溶かすことができません。



したがって、コテ先を選択する際には、接合したいものの

トータルの熱容量(体積)を考慮する必要があります。



たとえば、1005(1mm×0.5mm)部品であっても、

4Cのコテ先を選択する場面は、たびたび現れます。



周囲の状況から、細かいコテ先しか使えない場合は、

熱量を補うために、母材を温めるなどの工夫が必要なわけです。



私も長らくはんだ付けをしてきましたが、

まだ、0.5CやI型などの極細コテ先が使える場面には、

遭遇したことがありません。



こうした極細コテ先を購入する際には、一度に多くを注文せずに、

1本購入して使用できるかを試してからのほうが良いと思います。



「いっぱい買っちゃったけど、使えないんだよ~」

というお話も何度かお聞きしちゃったりしています。





では、明るいはんだ付けを!

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.