観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2011.03.09

はんだ付けに光を!(2011.3.9)は

こんにちは、はんだ付け職人です。



先週ご紹介した電子部品の保管についてのお話が



※電子部品を紙製の袋や、ナイロン製袋の中に紙と一緒に

 保管すると発生する不具合についてのお話



結構反響が大きかったので、

今週も部品の保管に関するお話を紹介させていただきます。



スルーホールのハンダ上がりについてのご相談を

よくお受けします。



「はんだがスルーホールにどうしても上がらないんですが・・」

というご相談です。



こうした不具合の場合、どうしても



フロー槽のプリヒーターが・・

はんだ層の温度条件が・・

コテ先温度が・・

フラックスが・・



といった、はんだ付け条件の方に目が向きがちで

「いろいろ試してみたんですが、どうしても・・」



と迷宮入りしてしまうことも多いです。



「基板や部品の保管はどうされていますか?」

とお尋ねすると、



「ポリエチレンの袋に入れて、乾燥剤を一緒に入れてます」

「防湿保管庫に入れてますから完全です」



といった、「部品には絶対問題がない」という認識を

されている方が多いです。



ところが、部品端子や基板パターンの酸化以外にも

悪さをするものがあります。



例によって、田中和吉 大先生の著書

はんだ付け作業のトラブル対策【日刊工業新聞社】 (1984/01)

に解説がありました。



(この本、いい本なんですが絶版となっており

    Amazonの古本が¥7,500にもなっています。)



スズメッキは、表面からの酸化だけではなく、

内面の銅が、表面のスズ層にも拡散して

スズと銅の合金を作ります。(Cu6Sn5)



この拡散現象は、相互拡散と言って常温でも進行します。



この合金は融点が高いため、これが増加してくるに従って

はんだの濡れが悪くなる・・とあります。



通常、スズメッキ線では6ヶ月以上経過すると、はんだの濡れが

悪くなるので、それ以上のストックはしないように・・

と紹介されています。



プリント基板のスルーホールも、基本的に銅パターンに

メッキされています。



最近はRHOS対応のために、スズメッキされた

部品や基板が多くなっていますので注意が必要です。



※鉛入り共晶はんだによるメッキのほうが

 経時変化には強かったそうです。





ある程度、部品や基板を長期保存することはやむを得ないですが、

コスト面だけ考えて、部品や基板を多めに購入するのは、

避けたほうが良さそうです。



「どうしてもハンダが上がらなかった」

スルーホールのはんだ付けが、



ある日気づいたら、「すっかり解決していた」ような場合には、

陰にこうした秘密が隠されていたのかもしれません。





では、明るいはんだ付けを!

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.