観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2010.02.25

はんだ付けに光を!(2010.2.24)

7b8cb762.jpgこんにちは、はんだ付け職人です。



今週も引き続き、

はんだ付けを工程審査、工場監査の面から

考える・・の第6回目です。



「7:製造工程の管理」の5項からの続きです。





7:製造工程の管理



7-5:作業に関する教育、訓練が行われているか?

    (新入社員、新設備、新規作業)



はんだ付けは特殊工程に

位置付けられています。



初めて、はんだ付け作業に携わる人には

基礎教育と実技訓練を行う必要があります。



「隣の人のを見といて!」

では、いけません。



また、教育を実施したらその記録を残しておきます。



必要ならば、はんだ付け冶具の

使用方法も指導して、

その記録を残しておきます。



作業手順書もあると良いですね。





7-6:工程変更の管理と事前連絡が行われているか?



製造標準類(QC工程図、作業手順書)

に変更が生じた場合どうしますか?



という質問ですね。



たとえば、はんだ付け冶工具が変わる時や、

こて先温度などの、はんだ付け条件が変わる時などが

該当します。



「工程変更連絡書」のフォーマットを

作成しておき、書面を使って



事前に製造ラインに連絡を行います。



何を? 何のために? いつから?(どのロットから?)

といった情報が必要です。



その上で、工程変更後の初回品には

6-1項で紹介した

品質確認を実施します。

http://k.d.cbz.jp/t/7a06/908948v0kgz0gnphcw







7-7:

重大不良発生時には、工程審査、製品確認が

     行われているか?

     また、定期的に工程審査が行われているか?



重大不良発生時には当然ですが、

できれば、半年に1回程度



工程審査を行って

記録を残しておきたいものです。



※問題なければ、「問題なし」と記録を残しておく。





さて、工程審査、工場監査と言いますと

「はんだ付けに関すること」だけでも

なかなか準備もたいへんですね。



全部で13項目程度になりますが、

最後には、工程審査、工場監査の準備項目を

一覧表にまとめて



各帳票のフォーマット例を

ダウンロードできるようにしようと考えています。

※ちょっと時間くださいね



では、明るいハンダ付けを!

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.