観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2010.01.20

はんだ付けに光を!(2010.1.20)

こんにちは、はんだ付け職人です。



今週は、ちょっと目先を変えて

はんだ付けを工程審査、工場監査といった面から

考えてみたいと思います。



工程審査、工場監査・・

「はあー・・」とため息が出るかたも

いらっしゃることでしょう。



「これでもか!」としっかり準備をしたつもりでも

当日、いざ審査を受けてみると、

どっさりと宿題を出された方もおられると思います。



そこで工程審査、工場監査では

一般的に、どういった点をチェックされているのかを

見ていきましょう。



ここでは主に、組み立てや、

基板へのはんだ付け、配線などを行う会社を

対象としたチェックリストを見てみます。





1:品質保証体制



1-1:会社の各部門において、品質管理業務は明確か?



これは、要するに品質管理の業務を

職務分掌図などで明文化しているかどうかを

問うています。



※たとえば、どこの部門が出荷検査を

行っているのかが明確になっておらず、

その都度、手のあいた人が検査をしていたのでは

まずいわけですね。





1-2: 品質管理教育が計画的に行われているか?



優秀な会社の場合、



職種、階層別に品質管理教育が

計画的に実施されていて

受講の記録やリストが保管されています。



※たとえば、教育はされているが、計画的でなかったり、

まったく、その記録もない場合は

0~50点の点数しかもらえません。





この時点で、すでに満点を取ることは

難しかったりするのではないでしょうか。





2:要求品質の把握



2-1:当社(客先)の要求品質を確実に把握していますか?



満点の回答を見てみましょう。



要求品質を把握するために、

客先との打ち合わせを実施している。



チェックリストなどを使って

確認事項を明確にしており、

確認の漏れがないようにしている。



生産に必要な、図面、標準類を

すべて入手しており、



打ち合わせ内容を

議事録に残している。





※たとえば、図面をもらうだけであったり、

TELやFAXで「その都度確認してるよ」

というのは、



細部まで要求品質を把握していないことに

なります。





2-2:把握した要求品質を正しく

    社内関係部門に伝達していますか?



理想的には、

社内の全ての部門と製造方法について

検討を行い



検討の結果、製造部門が実施すべき内容が

明確になっている必要があります。



※議事録の回覧だけであったり、

図面や標準類の配布だけでは

不十分とみなされます。





・・と、ここまで見ただけも

対策にうんざりしてしまいますが

これで50項目中の最初の4項目です。



かなりの分量になりそうですので、

何週かに分けてお話しましょう。



最後に、HP上にまとめてUPしたいと思います。

工程審査、工場監査の際にお役に立つかもしれません。





では、明るいハンダ付けを!



ps:1月22日(金)に「大阪府商工会館」で

   はんだ付けセミナーに伺います。

 参加者の皆さん、よろしくお願いいたします。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.