観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2009.10.21

SOICタイプのBUF634Uを2段重ね

オペアンプ2段













































『既にDIP変換基盤にはんだ付けされているSOICタイプのBUF634Uの上に、さらにもう一枚のBUF634Uをはんだ付けし、2段重ねで使用したい』



とのことでした。(音質向上でしょうか?)



オペアンプ2段②

































実際の大きさは写真に指が写っているので分かると思います。とっても小さいものです。既に変換基板にハンダ付けされているので下から8本のピンが出ています。作業がしやすいようにスポンジのようなものに挿します。



次に向きに注意して新たにハンダ付けをする2つ目のBUF634Uを置いてみます…。

もちろんピンは表面実装用に曲げてあるので下段のBUF634Uのピンに届きません。リード線での接続も考えましたが、オーディオ用ということなのでノイズの原因になりそうな方法は却下。ラジペンでピンを1本づつ伸ばしていきます。



マスキングテープで仮固定し、さらにピンセットで固定してピンの1つをハンダ付けします。ハンダが隣のピンとつながってショートしないようにハンダ量を加減しながら残りのピンにもハンダ付けをし、フラックスを塗布して仕上げにもう一度ハンダを整えます。洗浄液でフラックスを除去して完成です。ちなみにオーディオ用とのことで糸ハンダは最も信頼性が高く、宇宙用に使われるアルミットのKR-19SH RMAを使用しました。

(http://www.bea.hi-ho.ne.jp/furukawa-ele/parts/KR-19SHRMA.htm)

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.