観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2009.07.30

はんだ付けに光を!(2009.7.29)

こんにちは、はんだ付け職人です。



今週は、先週に引き続き「母材の固定」についてのお話です。

具体的な、母材の固定方法を紹介していきましょう。



まずは、クリンチです。

アキシャル、ラジアルなどと呼ばれることも多いですが

要は、基板の穴に部品のリードを差し込んでハンダ付けするタイプ

の部品に使用します。



部品のリードを基板のパターンの穴に挿入して部品が落ちないように

リードを曲げます。

参照URL(下記記事参照)

http://k.d.cbz.jp/t/7a06/80hx4lx00f655z6dgm



ここで、ちょくちょくリードのカットは、ハンダ付けの後が良いか?

先が良いか?という質問をいただきます。



ここで私は「できる限りハンダ付けの前にリードをカットしてください。」

とお答えしています。



と言うのも、ハンダ付けの後に、ニッパでリードを切断すると

ハンダのフィレットにクラックが入ることがあるからです。



これは実際に、当社であったクレームです。



ニッパが磨耗して切れにくくなってきたり、2本のリードを

一度に切断したりすると、結構な衝撃がリードに伝わります。



クラックの場合、電気検査では捉えられない場合が多いです。

(時間の経過と共に発症します)



やむなく、ハンダ付け後にリードカットされる場合は、

よく注意してください。





次に、マスキングテープで固定する方法です。

これは、主に大き目のチップ部品などを固定する方法の一つです。



マスキングテープを細ーく切って、基板の上にチップ部品を

貼り付けます。ピンセットで上手に固定できない初心者の方などには

お勧めです。





次に、上記でも言ってしまいましたが、ピンセットで固定する方法です。

慣れれば一番手っ取り早いですね。こちらもチップ部品を固定する

方法です。



ただし、「部品が浮かないように・・」と強い力を加えますと

電子部品は熱した状態では簡単に割れたり、クラックが入ったり

しますので、そっとつまんで、押さえる必要があります。



さらに、ピンセットをよく吟味しないと、チップをつまむだけで

過大な力が必要だったり、ピチッと部品が飛んでいってしまいます。



今のところ、はんだ付け職人お勧めのピンセットは

HOZANさんの P-894です。













価格もお手ごろで、部品を弾くこともなく、わずかな力で

部品を摘むことができます。



ピンセットでお悩みなら一度試してみてはいかがでしょう。



またまた、長くなってしまいました。

続きは来週お話いたしましょう。



では、明るいハンダ付けを!

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.