観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2009.05.13

車のナビ基板のLED交換(LED打ち替え

s-IMGP2889

































自動車のナビパネル基板のLED交換(LED打ち替え)です。つまみの周りを青色、その他

を白色、計40箇所の交換です。



5.13 ④









































まずは もともと付いていたLEDの取外しです。ハンダコテ2本を使用して

外すのですが、外したLEDを再度利用する場合はコテ先温度に注意してください

(LEDは熱に弱い部品です300℃を目安にして下さい)



この時LEDの極性をしっかり覚えておかないとあとで大変です…



次にLEDが取れた電極(パターン)の片側のハンダをWICK(ハンダ吸い取り線)

で吸い取り、片側に仮ハンダがある状態にしておきます。

こうする事によってLEDを浮かずに付けることが出来ます。



5.13 ③

































仮ハンダと反対側もハンダ付けしてやり、フラックスを塗布して

両サイドのハンダを仕上げていきます。



コテ先温度は300℃を目安に と先ほど書きましたが実際にハンダ付け

作業を行う際に300℃という温度はハンダが馴染んでくれないことが

よくあります。ハンダ自体が熔けない温度ではないのですが、

母材に熱を奪われるため ハンダが熔けないという現象が起こります。



今回は窒素フローハンダコテ(窒素フローハンダコテ→http://www.hakko.com/japan/namari/pages/topic_3.html)を使用しました。



「そんなに専門的な道具がないが自分で挑戦したい」 という場合は

家庭用ドライヤー等を使用して工夫してみましょう。

(弊社でも窒素フローハンダコテ導入以前にはいろいろ試していました。

興味のある方は過去のブログを御覧下さい…)



無事に青色・白色とも点灯しました。





はんだ付けでお役に立てるなら

お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。



こちらからご相談くださいませ!


ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.