観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2009.04.15

自動車のエアコンパネルのLED交換(LE

4.15 ②























































自動車エアコンパネルのLED交換(LED打ち替え)手術です。



『車のエアコン部のLED交換(LED打ち替え)の時一箇所の端子?

がはんだと一緒に取れたみたいで無くなってしまってます。

すがる思いで色々検索していましたらブログの方で

エアコン基盤のLED交換のブログを見ました。もしかしたら修理していただけるのでは?と思い問い合わせしたしだいです。何とかなるものなのでしょうか?』



というメールを頂きました。基板の方を診て見ると なるほど

格闘の後が多々ありました…。



★パターンの剥離による断線が2箇所…修復は1ヶ所との連絡を頂きましたが

 そのうち断線しそうなので2箇所に錫メッキ線を使った修復作業をします。



★スイッチの熔け3~4箇所…こちらはプロではないので変形した箇所を

 ペーパーがけで弱冠修正します。



★イモハンダ・馴染み不足箇所が約半数…とにかく全部新たに付け替えます。



4.15





















































まずは、指定以外のLEDを全て取り外します。ハンダコテ2本使用します。

今回は取り外し分で使用できるLED(熔けたり、熱破壊による変形がないもの)

を再利用するので コテ先の温度は約300℃、LEDが熱破壊しないように注意します。



(LEDの熱破壊とハンダコテの温度、イモハンダ等については割愛しますので

詳しく知りたい方はメルマガ「はんだ付け講座」をチェックして下さい)



LEDには極性があります。どちらがどの極かはLEDの裏面にマークのようなものが

印字してあったり、表側の四隅のどこかがカットされていたりとよく見れば分かるようになっているのですが、全てのLEDが統一されているわけではないので、

「カットしてある方は全部+極」といった覚え方はせずに 種類ごとに

いちいち調べた方がいいです。(基板もしかり です)



一度にたくさんのLEDをつける時はメモしておいた方がいいですね。



 4.15 ③jpg























































コテ先温度は300℃前後で ハンダ付けしていきます。今回はHAKKOさんの

窒素フローハンダコテを使ったので、プリヒーターやドライヤー等がなくても

ハンダがきれいに熔け、馴染んでくれました。

(窒素フローハンダコテ→http://www.hakko.com/japan/namari/pages/topic_3.html)



パターン剥離箇所には錫メッキ線を使って断線した箇所を繋いでやります。

まず剥離したパターンに繋がっている線を辿って適当なところを

カッターナイフを使ってレジストを剥き、銅箔部分を露出させます。



そこに錫メッキ線をハンダ付けしてやればいいわけです。

今回は裏面にまわっていたので裏面のハンダ付け箇所も先ほどと同じ手順

で繋げました。







はんだ付けでお役に立てるなら

お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。



こちらからご相談くださいませ!


ご連絡お待ちしております。




最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.