観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2009.04.01

apple G5 ロジックボード コンデ

s-IMGP2683































最近Dr.はんだ付け職人によく来る患者さん…メモリスロットのハンダ割れ手術と

このapple製品のロジックボードのコンデンサ交換手術です。



apple社 製品はコンデンサを交換する際 特に熱が伝わりにくい

構造になっていて 通常のハンダコテ1本では作業が不可能に近いですね。

(出来たとしても仕上がりに不安が残ってしまいます…)



そこで局所噴流槽というものを使ってコンデンサを交換していきます。



s-IMGP2685































↑交換前のコンデンサです。液漏れと少し膨れているのが確認できます。



噴流槽とは簡単に説明するとペダルを踏むと(2×3cmぐらいの)

噴出し口からハンダが噴水状に上がってくるのでそこにコンデンサの両リードを浸した状態で

(リードのハンダが熔かされている状態にします)

素早く抜き取り そのまま交換用コンデンサを差し込みます。



ロジックボードのような積層基板はかなり熱容量を必要とするため普通のハンダコテでは 

ハンダを溶かすのに手こずり回路パターン(ランド)を損傷(剥離)する恐れがあります。

そこでこういったものが活躍してくれるのですね。





s-IMGP2687

































そして交換後がこんな感じになります↑

交換の際には液漏れはしていなくても同じ容量のコンデンサを同時に

交換しておけば時間差で液漏れをする事もなく手間もかかりません。



はんだ付けでお役に立てるなら

お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。



こちらからご相談くださいませ!


ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.