観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2009.02.04

マザーボードのコンデンサの交換手術

3db74695.jpg今回交換するコンデンサは写真を見るといつもと違うようですが鉛フリー対応のアルミ固体の電解コンデンサです。青色になっている方が-側なので方向を間違えないようにします。



鉛フリーハンダは粘度が高く、熱容量を多く必要とするので熱不足に陥りやすいめ、イモハンダになりやすいので注意が必要です。難しく感じる原因は



★ハンダが、なかなか溶けない

★ハンダが、流れない(濡れ広がらない)

★ハンダが丸まってしまう(イモハンダ)

★手直しが難しい



と、いったところでしょうか…



この共晶ハンダと比べて非常にやりにくい状況は母材(マザーボード)全体を温めてみたり、コテ先を交換する事によって少しは解決してくれます、が、ハンダが溶けないからといって 「コテ先の温度を上げる」 では決して解決しません。余計難儀な事になってしまいますのでやめましょう。(熱容量という問題です。詳しい内容はメルマガはんだ付け講座にて 解りやすく説明されていますので御覧下さい)



今回は小型噴流DIP槽を使用してコンデンサを交換しました。



はんだ付けでお役に立てるなら

お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。



こちらからご相談くださいませ!


ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.