観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2009.01.07

電源ユニットのコンデンサ交換

464c8a0a.jpgみなさんこんにちは。

お正月気分も抜けてようやく生活のリズムが安定して来た頃でしょうか?



さてさて今回は電源ユニットのコンデンサ交換を説明してみたいと思います。

電解コンデンサという部品は長年の使用やハードな状況での使用で確実に寿命がやってくるものです。目で見てわかる症状として、膨れてくる、液漏れを起こしている等が見られます。(写真②)こんな場合は不具合を起こしているコンデンサの交換だけで壊れてしまった、調子が悪い、と思っていたものが思いがけず復活する事もあるのでよく観察してみましょう。





さらに、交換したい基板が両面基板でなければ(熱容量が少なくてすむ→熱が逃げないので母材が温めやすい)

小型噴流DIP槽のような特別な機械がなくても

ハンダコテとWICK(ハンダ吸い取り線)、

フラックスを使って比較的簡単にコンデンサ

を外すことができると思います。





まずは基板を両方から見て取り外したいコンデンサの足にマジック等で印を付けておきます。少量のコンデンサ交換でも基板を見つめているうちにどこのハンダを吸い取っていいのか忘れてしまう事が良くあります。

オモテ、ウラ、オモテ…と何度もくるくるひっくり返す手間を省くためにも印はつけたほうがいいです。





印をつけた箇所のハンダをWICKで吸い取るとコンデンサがコロッと取れるので新しいものに付け替えて完了です。この際コンデンサの向きに注意します。全部とってしまう前にメモッておいたほうが確実です。

基板に何の印もないのに極性が存在するという事もあるからです。



無事コンデンサは交換できましたが、基板のハンダ面をよく見てみるとたくさんの配線に引っ張られ無理な負荷がかかってしまい、パターンごとめくれかかっている箇所が数箇所ありました。パターンは剥離していませんのでハンダ付けをしてホットボンで固めておきました。



はんだ付けでお役に立てるなら

お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。



こちらからご相談くださいませ!


ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.