観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2008.10.15

はんだ付け講座(2008.10.15)

d5513c86.jpgこんにちは、はんだ付け職人です



今週は、先週お話した『不足する熱容量をいかにして補うか?』に

紹介していなかった、ホットプレートについての話題です。



「お好み焼き 焼くんと違うんかい?」と思われる方もあるかもしれませんが

当社ではホットプレートを使うことがたびたびあります。



ホットプレートは市販のもの(お好み焼き用)でも使えないことはないのですが、

たいてい鍋のように縁が上がっているので使いにくいですね。

(手首をヤケドします)



当社で使用しているものは、工業用のホットプレートなんですが

【アズワン ホットプレート】などで検索しますと比較的使いやすい

工業用のホットプレートが出ています。



その場合でも手を置く台がないとヤケドしますので巾12cmくらいの

木の板で高さ10cm程度のコの字型の台を自作して使用しています。 

手がふるえないので便利です。



裏面に突起物が出ていない基板の場合、効率よく温められます。

大きな基板のグランドパターンなどに、極小のコネクタなどを

ハンダ付けする場合、大きなハンダコテは使えません。

(コネクタの樹脂部が溶けてしまいます)



こういった場合に、ホットプレートの上に基板を置いて予熱しながら

実体顕微鏡を使って、小さなハンダコテで楽にハンダ付けすることが

出来ます。



ホットプレートの温度は、工業用の場合比較的正確に制御できますので

素材にあわせて80~200℃の範囲で使用しています。



部品を取り外したい場合にも、ハンダの融点にまで温度を上げると

QFPなどの表面実装部品を外すことが可能です。



『不足する熱容量をいかにして補うか?』から派生するホットプレートの

意外な使い方でした。



では、明るいハンダ付けを!

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.