観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2008.08.20

はんだ付け講座(2008.8.20)

8f13c221.jpgこんにちは、はんだ付け職人です



今週は、前回お話した中で鉛フリーハンダを使用すると

「コテ先の消耗が早い。」という例があったんですが

銅食われについて少しお話しておきます。



鉛フリーハンダでは、共晶ハンダに比較するとコテ先の消耗が

3倍ものスピードで進みます。



これは、【銅食われ】と呼ばれる現象に代表されるように、鉛

フリーハンダには、鉄や銅さらにはステンレスまでもが溶け出

すことが原因です。



コテ先の構造は、熱伝導率の高い銅の棒に鉄が数100マイクロ

メートルの厚さでメッキされたものが一般的です。 



鉛フリーハンダでは、鉄メッキ自体がハンダの中に溶け出すのは

もちろんですが、鉄メッキの鉄分子の間からも銅の分子がハンダ

の中へ徐々に溶け出します。



コテ先は使用時間に比例して痩せていき、穴が開いてしまったり

内部に空洞ができてしまったりします。

 

この現象によるコテ先の消耗は、特にコテ先温度を高温に上げた

ときに顕著で、数時間でコテ先が使用不能になることもめずらし

くありません。



鉛フリーハンダは融点が高いために、同じ母材を対象としたハン

ダ付けでも共晶ハンダに比較すると熱容量が不足してしまいます。



同じハンダコテ、同じコテ先を使って

共晶ハンダ → 鉛フリーハンダへ切り替えた場合、足りない熱

容量を補うにはどうしてもコテ先温度を上げることでしか対処で

きません。(プリヒーターなどの工夫はできます。)



また、コテ先温度が上がることで、コテ先への酸化物の付着が多

くなり、コテ先掃除の頻度も増えますが、濡れたスポンジで急激

に温度衝撃を与える回数が増えることもコテ先の消耗を早める要

因のひとつです。





さらに、鉛フリーハンダでは、コテ先だけではなく基板の銅パタ

ーンも長時間熱を加えると消失してしまいます。



特に、手直しなどで基板パターンの上でハンダを溶かしたままの

時間が長くならないように注意する必要があります。



私も何度か局所噴流DIP槽でコンデンサ交換に時間を掛けすぎ

て、パターンを消失させた経験があります。



もうひとつ、おまけに鉛フリーハンダではステンレスまでもが侵

食されます。ハンダ槽がステンレス製の場合、早ければ1年程度

で、ハンダ槽に穴が開く事故に繋がります。



また、その対策としてチタン製のハンダ槽が最近の主流ですが

掃除の際に、表面の酸化膜を傷つけてしまうとチタン槽であって

も、やはり侵食されてしまいますので注意が必要です。



では、今週はこのへんで・・。明るいハンダ付けを!

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.