観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2008.07.03

半田槽の成分管理

4ba04479.jpg☆ ご質問 



現在、半田槽(錫銀銅)の成分管理で銅成分を0.5~1.0%で管理していますが

錫鉛半田の場合の銅成分は何%位を基準にするのがいいのでしょうか?



また、使用頻度にもよるのでしょうが成分分析の期間についてもどのくらいが

一般的なのか教えて下さい。



よろしくお願いします。







☆ 専門家からの回答



株式会社日本スペリア社

樋口 健 氏 より・・



・Cu(銅)分の混入 (0.3%未満)

  PCBのパターンや、部品リードから熔融はんだ中にCu分が溶け込み、Cu-Sn合金を

作ります。Cu-Sn合金は本来のSn/Pbのバランスをくずすだけでなく、融点の上昇をひ

きおこします。その結果、はんだの粘度が高くなりブリッジ、ツララの不良原因とな

ります。

  Sn(錫)の減少 (61~64%)

  SnはPbよりCuと合金化するスピードが速い為、使用して行くうちにSnがPbより速

めに減少し、Sn/Pbのバランスがくずれ融点の上昇をおこす。

→管理方法

  3ヶ月毎にSnとCuの含有量分析を行う。

   Sn-62~64%

   Cu-0.3%まで

参:Cuが0.3%近くになると、電源を切って固まったはんだの表面に針状結晶

(Cu-Sn)が目立ちますので注意して下さい。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.