観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2008.02.14

SONY VAIO GRV 99G/P

1c62e4b8.jpgメモリスロットがハンダわれをおこしています。スロット部分は抜き差しが多いので機械で均一につけられたハンダの量では若干少なく、割れてしまったりヒビがはいったりしてしまい、不具合をおこしてしまいます。今回はご自分で修理にチャレンジされる方でこのブログを御覧になっている方もいると思うので詳しく説明してみたいと思います。





ハンダの量を全体的に足していき、ヒビが入っている部分も治していきます。スロット部分はハンダコテが当ってしまうと溶けてしまうのでマスキングをしっかりします。(2~3重にしたほうがいいです。)基板を固定して下からホットエアーで暖めていきます。温度は180℃前後です。(ない場合は家庭用のドライヤーを固定して使って下さい。)こうやって基板全体を暖めてやらないとハンダがしっかりなじみません。(熱容量の問題です。コテ先の温度ばかり高くしてもうまくいきません。)フラックスを多めに付けてハンダを足していきますが、スロット部分の足はとても小さく、間隔も狭いので細めの糸ハンダ(今回は0.3mmを使用しました)でも均一に供給するのはかなり難しいと思います。最初はドバッとハンダが供給されてとなりとひっついてしまったり、団子のようになってしまうので、吸い取り線を使って整えなおしてください。(隣同士がひっついているとショートしてしまいます。)難しいときは、コテ先に少しだけハンダを付けて手早く馴染ませていって下さい。一度に3~4本の足に供給すると調度いいと思います。特にスロット真ん中部分はこの方がうまくいくと思います。多少不恰好でも最後にもう一度フラックスをたっぷり付けてからさわるときれいになります。最後にフラックスの掃除はしっかりとしましょう。



『よし!やってみるか!』と思った方、がんばってください!







はんだ付けでお役に立てるなら

お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。



こちらからご相談くださいませ!


ご連絡お待ちしております。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.