観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2007.02.26

中学授業のハンダ付け 基板の補修について

☆ ご質問



はじめまして。

今中学で技術の授業があるのですが、半田付けの際にプリント基板の端子をはがしてダメにしてしまった場合どのように補修すればよいのでしょうか??

端子どおしが①近い場合、②遠い場合(間に他の端子が入ってしまう場合)について解説して頂けないでしょうか。 よろしくお願いします。



☆はんだ付け職人回答



写真を送っていただけると その基板に応じた方法を教えられるのですが



プリント基板は 要は銅箔で回路が描いてありますから

一部分が剥がれたり 切れたりした場合、その回路を繋いでやればいいわけです。



方法としては、 

①銅箔を切ってハンダ付けで接合する

②リード線など使い 切れた回路を繋ぐ



のが一般的です。



おそらく中学授業の教材であれば 抵抗や ダイオードのリードの切れ端(裸スズメッキ線)でも 修理には使えると思いますよ。



基板は、あくまでも電子部品を回路的に便利に繋ぐためのものですから

基板なしでも 直接端子どおしを回路どおり繋いでやれば 電気的には正しく動作します。



補修もいい勉強になると思います。

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.