観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2006.08.23

リフトオフ【フィレット剥離】

fc9ebb00.jpg☆ ご質問



内容=千住金属工業殿のスパークルハンダ#295(0.6φ)高温ハンダでのハンダ付けについてお伺いします。



基板はCEM-3で金フラッシュ処理(RoHs対応)をしています。

金メッキした真鍮の1φの丸いピンを

上記高温ハンダで基板にハンダ付けしています。

ハンダ付けされたラウンド周囲にかなりの確率でクラックが見えます。(引き巣かも知れません)



材料的な問題なのか作業的な問題なのかはっきりしません。

ピンを取り除いて同じラウンドに

高温ハンダでハンダ付けをしてみると問題なくハンダはのります。

金メッキの問題ではなさそうです。



作業方法は基板を90℃でプリヒートを行い

コテ先温度400℃で2~3秒でハンダ付けを行っています。



ピン側のハンダ付けには

クラックもなく全く問題はありません。



写真を添付します。



銅箔は35umと厚い物なので銅箔はがれはありません。



アドバイスをいただけると幸いです。

よろしくお願いします。



☆ 回答



野瀬@ハンダ付け職人です



うーん 難しいご質問です

スパークルハンダ#295というのが WEBで調べてみたのですが

成分などの情報がありません。



ですので まったく的を外している可能性もあるのですが

いわゆる【リフトオフ】と呼ばれる現象の中の【フィレット剥離】では

ないかと思います。



Pbフリーの高温ハンダには Bi(ビスマス)が含まれているものが

あるのですが このBiを含む半田では メッキの種類に関係なく

このような クラック(フィレット剥離)が多発します。



①両面基板のスルーホール

②リードが太い

③フィレットが高い



などの条件が揃うと より発生しやすくなります



原因はハンダが冷えて固まっていく際に BiまたはPb(鉛)が偏析し

パターンの周囲に融点の低い部分ができることで 固体化する最後の

段階で熱収縮により応力が発生して クラックが発生するものです。





リフトオフについては書籍を紹介しておきます


最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.