観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2006.08.04

手はんだ付けの品質保証について

☆ご質問



早速ですが、鉛フリーでの品質保証根拠はどこで明確になるのでしょうか?

共晶はんだでは、今までの実績を基に築き上げた根拠が明確になっていたのですが、

鉛フリーでは実績が無く困っています。また、作業前の温度チェックを行っていますが

部品破壊やイモはんだによる不良が多発しております。色々悩んだ結果作業前の温度

による不良ではなく、作業をしている温度管理管理が重要ではないのかと感じ始めましたが、

本当のところ如何でしょうか?



——————————————————————————–



Re: 手はんだ付けの品質保証について

画伯@半田付け職人・・ 2006/05/04(Thu) 17:17 No.106







 はじめまして



鉛フリーでもフィレットの形状などは 共晶ハンダと同じと考えても良いと思います

部品破壊とイモハンダは ハンダコテの熱容量不足により 加熱時間が長くなり

部品の温度が上昇したためと フラックスが蒸発したことによります。



ハンダコテと コテサキの熱容量をもう一度考慮したほうが良いです。

参照:

WEB版http://www.noseseiki.com/handa-seminer.files/frame.htmPDF版 ダウンロード http://www.noseseiki.com/pdf.html



共晶ハンダの時よりも よりシビアな熱容量考察したコテ選びが

必要になります。



共晶ハンダのときに使用していた半田コテがまったく使えないことも

めずらしくはありません。



正直 コテサキ温度は 350℃程度であればあまり関係ないと思います

(加熱時間によって どうにでも変わってしまいますので・・)



最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.