観るだけでハンダ付けできる!DVDはんだ付け講座

ハンダ付け(半田付け)職人のはんだ付けblog

2005.03.08

bonコート パトりオットTB-150

8e95c5d1.jpgインプレッション

Pbフリー用 LA(負荷温度管理)方式半田コテ 

(BONコートのパトリオットTB-150)



 LA方式というのは 熱電対が半田コテ先端部に付いていて コテ先の温度を

直接温度調節器で調整しているタイプをいいます。通常の温調付き半田コテは

NLA(無負荷温度管理)方式と別な名称で呼ばれていて こちらはヒーターの先端または

内部に熱電対が付けられています。 



メーカーの 説明によると LA方式では

1:温度降下が少なく 温度回復が早い

2:常にコテ先が 設定温度に追従し安定する

3:コテ先 ヒーターの寿命が長い

4:作業タクトが短い

5:比較的 低い温度帯域で作業ができる

などの利点が挙げられており、Pbフリー半田への切り替え時にLA方式の

半田コテを 一斉導入するメーカーもあります。



 うちでも10台程度 導入してみましたが

正直言うと さほど従来の半田コテより優れているとは思えません。



 考えてみれば コテ先の温度をいくら保障しても 母材の温度と熔けた半田の温度は

別物ですから 錫と銅の合金層を形成する目的からすると どうしても片手落ちに

なってしまいます。 

 適度な熱容量を持つ 母材に適した形状の半田コテを使えば まずLA/NLA方式

の差というものは 解消されるのではないかと思います。



 今回使用したコテ先は TB-150に標準のコテ先でしたが

コテ先の寿命は 1週間持ちませんでした。コテ先の値段が1000円程度と

通常のコテ先の2倍強するため コスト的には高くつきました。

 通常のコテ先を 同じように使っていても 3週間程度はもつので

この差は 大きいです。 

 

 使用状況は 通常の半田コテには 濡らしたスポンジを用いてコテ先の

クリーニングを行い TB-150には 少しでもヒートショックを

与えないように(長持ちさせたいので) 水を使わないスチールウールタイプの

クリーナーを使用していました。これが 反って悪かったのかもしれません。



 そういうわけで 今はこのコテ あまり使っていません。 

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

映像で学ぶ “正しい” はんだ付け

DVD採用企業2,000社超え!
詳細は こちら
車のLED交換 作業例
img01 夜のドライブを楽しく!
無料のお見積りはこちら
PCコンデンサ交換 作業例
img06 電解コンデンサには、寿命があります
無料のお見積りはこちら
解説書付き!
はんだ付け実技教材&ポスター
to01 「限りなく実践に近い難易度」だから、ホンモノの実力がつく
はんだゴテセット

はんだ付けが上手に出来ないのはハンダゴテが悪いからです

大好評! はんだ付け職人が厳選したハンダゴテセット

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.